シングルシニア

line

将来に向けての準備

シングルシニアといっても、一生独身、離婚、死別と様々でしょうが、基本的に「お金さえあれば解決できる問題」への備えを万全にしておくことが大切と言えるでしょう。親族に頼れる人や、親の残した遺産などがある人はいいでしょうが、基本的にはできるだけ長く、働けるうちは働いて収入を確保し、あとは預貯金を取り崩して生活するしかありません。しかも、自分が病気

などで倒れたら、面倒を見てくれる人もいないわけですから、お金を払って人を雇うか専門家に来てもらうという方法を考えなければならないため、損分の費用も余裕資金として用意しておく必要があります。1人暮らしは気楽で自由な半面、それだけリスクも高いということを覚悟した方がいいでしょう。60歳以降も安心して一生住める住居を確保し、病気などに対する保険な

たくさんの友人や信頼できる相談相手は大きな財産

どの備えも万全にし、そのうえで生活資金を余裕を持って準備しておくことです。最終的に頼れるのはお金だけというのでは寂しいですが、お金があれば解決できる問題がたくさんあることも事実です。それ以外の精神的充実感は、若いうちから打ち込める趣味を持つとか、新しいことにもどんどんチャレンジしていく体力・気力を養っておくことで得られることでしょう。もちろ

ん、生活を豊かに楽しむため、いざという時には助け合えるように、友人や仲間を増やしておくことも大切です。人とのつながりは、目に見えない大きな財産です。シングルの人ほど日ごろからたくさんの友人を持って、信頼できる相談相手を作り、世の中の動きや金銭感覚にも敏感になっていたいものです。また、年を取ってからの孤独はとてもつらいことですので、準備しておきましょう。

生活を豊かにする工夫とは

私の場合はお部屋にアロマオイル 通販を焚いて、いつも精神的にリラックスできるようにかなり気を使っています。